【部分日食】見るまでのプロセスを大切にできれば

(トップ画像は2019年1月の日食の時の写真です)

天文現象って見れなかった時の落胆ぷりって大きいですよね。

SNSがあるから見えている地域があるのも分かる。
めっちゃうらやましい。

そして何よりモヤっとするのが、終わってから晴れること。
あれいちばん「なんでやねん」って思う。

見れなかった日食

コロナの影響で、日食観察イベントはできませんでした。
それでも、20枚ある日食グラスを「子供と一緒に見たい」と言う同僚たちに貸し出しました。

日食グラスをご提供いただいた、ビクセン様ありがとうございます!

イベントという形式は取らなかったけれど、出来ることをやりました。

詳細情報はLINEで流す。
日食中もLINEで色々とお話をする。

ただお天気が悪かったので、見れなかった人・一瞬だけ見れた人ばかり。

早々に諦めたり、ガッカリした子も多かったんだろうな・・・
そのまま「もう、天文現象はいいや」ってなっちゃう子がいないかと不安になります。

プロセスを含めた体験と捉える

今回、日食グラスを貸し出した方々には事前にLINEで色々と連絡しました。

 ・太陽を直視しないなどの安全性に関すること
 ・前日に日食時間帯の太陽の位置を確認しておく
 ・日食グラスを試しておく
 ・どこで見るか決める
 ・日食の豆知識

天文現象を見るという体験の前に、少しの準備と、少しの知識が大事だと思う。

準備することで落ち着いて見られる。
知識があれば体験がより感動的になる。

個人的にはそう思っているからです。
好奇心を刺激するには、体験の前に少しの知識をプラスすることが大事なのだそう。

それでも天文のつらいところは「体験」が天候によって出来なくなる可能性があること。ガッカリ感は相当だったりします。

中継があったりするけど、それは体験とは違うものね・・・

だから「日食を見る」以外の、プロセスも含めて体験だと捉えられると良いなと思います。
そのためには、準備・知識の部分にもワクワクしてもらう必要がある。

うまくいかなくても、また頑張ろうって思える状況を作ってあげる。

そのためには、どうすれば良いのか。改めて考える機会だったなと思いました。

太陽はいつもそこにある

当日のお昼は、日暈(にちうん)という現象を見ることができました。
(お天気が崩れる前触れなので、ヤバイ気持ちが生まれたやつ)

そして日食が終わった後には美しい夕陽

何で日食の時だけ晴れない・・・という気持ちはある。正直ある。
それでも、太陽はいつもそこにある。

曇っていても地球を明るく照らし、
気温の元となり、
動植物の栄養素の元になる。

地球の生きとし生けるものは、太陽があってこそ。なくてはならないものって「空気みたい」って言うけれど、太陽だって同じだと思う。

そして宇宙や星への好奇心は、そういった当たり前すぎてスルーしている存在に改めて気づかせてくれる。

地球を大事にするために、当たり前だと思うことに目を向けて意識する。天文現象とともに、そういったことも今後は伝えられたらいいなと思いました。

10年後は晴れるかな?