【ゆる~くおうちで星空さんぽ】 惑星以上に実に興味深いガリレオ衛星を見てみる

あ、こんにちは!宙ガールブロガー うららんです( ´ ▽ ` )ノ

木星が『衝』だった1月6日。
ガチ宙ボーイの大ちゃんは、写真撮ってはりました。

その写真には、点ですがしっかりガリレオ衛星が!
( 最初の画像のやつね☆彡 )

ん?ガリレオ衛星とは??
調べてみました。

双眼鏡でも見えるガリレオ衛星とは?


 
木星を回る衛星。(地球でいうところの月)
今のところ60個以上見つかっているそうです。

そんな木星の衛星を最初に見つけたのがカリレオ・ガリレイというおっちゃん。
400年ぐらい前に自分で望遠鏡を作って4つの衛星を見つけました。

その4つをあわせてガリレオ衛星といいます。
それぞれの衛星には名前があって、調査もされているみたいですね。

【イオ】   地球以外で最初に活火山が観測された星
【エウロパ】 地球外生命体がいる可能性のある星
【ガニメデ】 木星の衛星で一番大きくて惑星の水星よりデカい星
【カリスト】 木星の衛星で二番目に大きい星

ちなみにこの名前、ギリシア神話に登場する人物で、みんなゼウスに愛されたらしい。
まあ、ゼウスが木星の象徴って言われてるので命名には納得。

ちなみに、イオ・エウロパ・カリストは女性なんだけど、ガニメデは美少年なんだって。
ゼウス様はイケメンもお好きなんですね・・・

このガリレオ衛星は、小型の天体望遠鏡や双眼鏡で観測できます。
ただし、双眼鏡の手持ちだとブレて見づらいので三脚での固定をオススメします。

結論

 
ガリレオ衛星を調べてみると、意外と他の惑星よりも生物のいる可能性のある星があったり、
地球のように活火山があるってなってたりと惑星みたいに興味深い星たちなんですね。

冬から春にかけて、木星観望の好機。
双眼鏡や天体望遠鏡でじっくり観測したいところ。

400年前にガリレオが、この4つの衛星を見つけた時はどんな気持ちだったのかな?
エウロパに、もし地球外生命体がいたとしたら、どんなだろうな??

そんな思いを馳せながら見上げるのも楽しいですね。

うららん( @uraright ) でした!

◆当ブログの更新通知用のTwitterアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です