スーパーポジティブシンキングになるために・・・あな吉さん流の手帳術を1つ進化させました! #yuruvege



あ、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

久々に手帳術系のお話しです。

10月は手帳の季節です

  
10月になると、色んな雑誌で手帳術が巻頭を飾るようになります。
私も2冊ほど雑誌買いました。

色んな人の手帳の中身を見るのが好きです。
自分もやらなきゃ!っていう手帳へのモチベーションがあがります。

自分自身の使い方ってかなり確立してるのですが、色んな人の使い方を見ていると色々と変えたくなります。

そして、新しい手帳が買いたくなる自分の物欲よ・・・

ほぼ日とか・・・自分に合わないとわかっていても使いたい衝動がむくむくむく。
買わないけど・・・・

  
  

来年に向けて色々と手帳お試ししたい秋

   
私の手帳ベースはあな吉さん流手帳術手帳セラピーの合わせ技です。

【あな吉さん流手帳術の要素】

  ・A5バインダーを使用すること
  ・保育園からのプリント類をバインダーにファイリングすること
  ・ToDoの付箋管理
  ・付箋による脳内断捨離

【手帳セラピーの要素】

  ・ペンの色分け
  ・未来の予定やワクワクすることを完了形で書く
  ・ご褒美リスト作成

それらを自分流に使っています。

特に、付箋による断捨離とかワクワクリストの完了形は、書かないと動けないぐらいになってきました。
些細なワクワクも、確実に叶うだろうっていうワクワクも書くので達成感を味わいやすいです。

成功体験の積み重ねって成長においてとても大事。
そのためには大きな目標だけを置いてても積み重ねにくい。

チリも積もれば的に、本当に小さいことも 「叶った!達成した!」っていう気持ちを味わうこと。
それを常に意識しています。

  
  

成功体験の積み重ねにもう一工夫!

雑誌の手帳術特集を読んでいて、ちょっと1つ工夫を加えてみたいと思いました。

私は、あな吉さん流にToDoを付箋に書いています。
そのToDoが完了したら付箋は捨てています。

そこで、ToDoが完了したら付箋を捨てて、完了したことを手帳に書き込むことにしました。

付箋を捨ててしまったらこれだけやった!が無くなってしまう。
努力のアトが見えなくなってしまいます。

なので、できたToDoを完了したってことで手帳に直に書き込むことで達成感を感じることにしました。
ToDoをいつやったのかが分かるので、あとで見直しもできます。
書き直すことで、「やったぜ!」の意識も高まるし。

100%書けないけど、出来る時はやっていこーかと思います。 
無理のないペースで徐々に習慣化していきます。 

  
  

結論

  
ポジティブになるには、成功体験や達成感を積み重ねる。
低い目標を確実に達成していく・・・とは、スーパーポジティブシンキングの著者の言っていたこと。

あたってると思う。
その積み重ねは自信の積み重ね、小さなことからコツコツと・・です。

書くことで行動に移しやすくなること。
かなり実感してきている今日この頃。

うららん( @uraright ) でした!

【スーパーポジティブシンキングの記事】
解明!!スーパーポジティブシンキングになれた理由 | Life Goes On

【あな吉さん流手帳術の関連記事はコチラ】
  |—–  あな吉さん手帳術 | Life Goes On

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です