宙ガール.com (sora-girl.com)

「おうちでソラを楽しもう!」をコンセプトにした宙ブロガーうららんのパーソナルブログ☆

*

家事の呪縛から解放!人生を楽しく味わいつくす為の2つの手帳術

      2015/11/19


20130722-151902.jpg
あ、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

私は世間でいうところのワーキングマザーというやつです。
朝は7時15分に保育園に行き、7時半の電車に乗り、保育園経由で家に帰ってくるのは18時半ぐらい。

そこから家事やら育児やらでバタバタ・・・
そんな中で夕暮れの月の写真を撮ったり、夜中に星空を眺めてたりするわけです。

なぜ、そんなことができるのか。
それはきっと 「手帳」 という司令塔がいるから。そう思います。

主婦こそ手帳が必要な理由

独身時代。
週2回ぐらい徹夜のそれ以外は終電。というペースで仕事をしていた時期がありました。
また、別のプロジェクトでは、いろんなチームの板挟みで調整に奔走していました。
ストレスまみれで毎週トイレで泣いてたなあ・・・

独身時代の経験と今の育児&家事・・・どっちも同じぐらい大変です。
もしかしたら育児&家事のほうがしんどいかもしれない。

家事って何が大変かな~?って軽く考えただけでも5つもの項目が出てきます。

 ・小さなタスク(やること)が集合しすぎていること
 ・タスクの種類が豊富すぎる上に同時進行であること
 ・予定が簡単に狂うこと
 ・しんどくても休めないこと
 ・終わりがなさすぎること

そんな状況になっている仕事なのに、すべて頭の中だけで解決しようとしたって無理。わたしのショボイ記憶力ではホンマに無理です。

手帳術のお手本は「あな吉さん」と「手帳セラピー」

家事を効率化する。
家事育児以外の楽しみを味わいつくすこと。

その2つのために色んな手帳術を試してきました。
そんな私が行き着いた手帳術は2つあります。

それが 「あな吉さん流の手帳術」 「手帳セラピー」

うまく家事や育児(ついでに仕事も)効率化する → あな吉手帳術
人生の楽しみを味わいつくすこと  → 手帳セラピー

この2つが私の手帳術のベースになっています。

あな吉手帳術は、主婦のために生まれた手帳術。
主婦目線だからこそ、家事育児の特性を生かした手帳運用をされています。

この手帳術の方法を始めてから、物忘れが格段に減りました。
息子の保育園の持ち物忘れも減りました。

定型家事の効率化もできちゃう優れものです。

手帳セラピーは 「夢をかなえる」 系の手帳術。
色ペンの使い分け、やりたいこと・ワクワクすることをリスト化したりする部分を活用しています。

今のところ、手帳に書いた 「やりたいことリスト」 には、 「できた」 マークがたくさんです。

手帳を使うことは脳みその断捨離をすること

脳みそってパソコンに似ています。

パソコンは、こまぎれの情報をたくさん記憶すると処理が遅くなります。
最近のスマホも、たくさん保存しすぎたり、アプリをいれすぎたりすると、処理速度が遅くなったり、いきなり落ちたりが多くなってると思います。

脳みそにも同じことが言えます。
細かい 「やらなきゃ」 で脳内の記憶容量がオーバーすると脳みそ回転しなくなって動けなくなっちゃう。
間違いも増えちゃう。

それにその状態って、実は心を漠然とした不安に襲わせる原因だったりするのです。こわい。

では、どうすれば良いのか??

そこでキーワードになるのが 「断 捨 離」 です。
脳みその記憶を外部のハードディスク・・・つまり手帳に出してしまうのです。

頭で覚えてたことを紙に覚えさせる。
そうすると、脳みその中も整理されるし、容量も減ります。

脳内が整理整頓されてクリアになれば、頭の回転が速くなって気持ちもスッキリします。
そして、「やるべきこと」 に集中できるようになります。

集中力がつくと、物事を処理するスピードが速くなるので、時間に余裕が生まれる。
そこを 「楽しみ」 の時間に置き換えられたら人生充実してきますよね。

手帳を使ってハッピーを呼び込む

「忙しい」 とは心を亡くすと書きます。
脳みその中がたくさんの情報で混乱している状態は 「忙しい」 状態。

ココロがなくなっていて、イライラしてカリカリして、動く気力がなくなったりする。。。
興味のあることにも手が出せないだろうし、結局ダラけちゃったりする。

もったいない。

私も手帳術を使いこなしきってはいませんが、もっとキッチリやればもっと楽しくなると思う。
自分の手帳術を公開していきながら、自分の手帳活用スキルをアップしていきたいなって思うわけです。

ちなみに、手帳術の極意は楽しむこと。
手帳術の挫折は 「手帳を開かない」 ことにあります。
手帳をあけたら 「楽しく」 なる仕掛けも作ることも大事なんですよ。

星空関連も手帳を活用しているので、その辺も公開していきますね。

結論

星空を眺めたり、星空写真を撮る趣味に没頭できる瞬間があるというのは、ココロに余裕を持たせてくれます。
ココロの余裕があるなしって、子供への接し方もきっと変わる。

常にイライラした状態で接するのと、余裕をもって接するの。。。
どっちがイイとか言うまでもない。

手帳がそれを助けてくれるなら、こんなありがたいことはないのです。

うららん( @uraright ) でした!

 - 手帳術