宙ガール.com (sora-girl.com)

「おうちでソラを楽しもう!」をコンセプトにした宙ブロガーうららんのパーソナルブログ☆

*

人を傷つけないために実践しておきたいこと

      2017/02/16

20130220-135256.jpg
まだまだ寒いですね!!あ、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

久々に語りネタです。人を傷つけたことない人なんていないんだと思う。

 

朝ツイでつぶやいたこと

 

人を傷つけたことを知ること

人を傷つけたことがない人なんて正直、いないと思います。誰でも多かれ少なかれ人を傷つけてしまうコトがあります。

悪意があって傷つける人もいる。
悪意がなくても傷つけてしまう人もいる。

大半の場合が後者だと思う。
調子のってしまった…大概そうなんだと思う。

愚痴が調子のりすぎていきすぎた
とか
酒飲みすぎて調子のった
とか
怒りに我をわすれても似たようなもんかもしれない。

傷ついたから傷つけ返したこともあるかもしれない。

その時は、調子ぶっこいてて冷静さがなくなっていて自分の行動など目に入らなくって。傷つけたことすら気づかなかったりする。

後で思った以上の傷の深さを知ることもある。
許してもらえないこともある。
縁が切れることもある。

それが正義感ゆえであっても傷つけた事実をキレイゴトにはてきないし、取り戻すことのできないことになる。

それを受けとめた時の罪の意識は、人に傷つけられたモノと同じぐらいの深さがある。なんてコトをしてしまったのか…と自分を責めてしまう。

 

傷つけるというマイナスを気遣いというプラスで打ち消す

自分で気づかないコトなのに、なんとか直したいと思ってもむつかしいと思う。

調子のってしまう自分を抑えるコトはとってもむつかしく、矯正に時間のかかるもの。
それはそれで直さなきゃなコトなんだけど…

できれば倍速スピードでなおしたい。

だから、マイナスのコトをプラスで相殺してしまったらどうだろうと思う。ひとを傷つけるコトの反対はきっと人を気遣うこと。思いやること。

それを意識して実践していけば、ひとを傷つける確率はとっても減るんだろうと思う。
人への気遣いの中に人を傷つける要素はいまんとこ見当たらない。自分の中の度量も広がってくるだろう。

そうやって、人として成長したいと思うわけです。

 

結論

不意に人を傷つけて、自分自身をも深手を負う人を見たくないし両方にとって悲しい。
だからみんながプラスのコトに気を置いて、良い方向に向かえばいいなあと思う。

うららん( @uraright ) でした!

 - 宙ガールじゃない記事