宙ガール.com (sora-girl.com)

「おうちでソラを楽しもう!」をコンセプトにした宙ブロガーうららんのパーソナルブログ☆

*

月・火・水・木・金・土・日を空でコンプリートしよう

   

あ、こんにちは!宙ガールブロガー うららんです( ´ ▽ ` )ノ

曜日と惑星には関係があります。
そんな空をコンプリートしてみませんか?

1週間と太陽系の関係

月・火・水・木・金・土・日
この1週間の名前は惑星+月、太陽からきています。

2月も下旬になるとこの7つすべてが観察できるようになります。

月  → 2月15日が満月
火星 → 深夜に南東の空
水星 → 下旬に夜明け前の東の空
木星 → 観望絶好調!一晩中輝いています。
金星 → 夜明け前の東の空
土星 → 深夜に東の空からのぼってくる
日  → 太陽さんさん!

水星は低空で双眼鏡があったほうがいいです。
でもほかの星は1等星以上の明るさがあるので肉眼でイケます!

金星にいたっては、-4.6等とかいう明るさで、空が白んできても目を凝らせばわかるぐらい明るいです。
6時台に起きる人なら、確実に会える。

火星はスピカの左横で赤く輝いてます。
青白いスピカと並ぶから赤さが際立ってる気がします。

木星は火星に比べたら黄色っぽいなーって思います。
でも、夜半の明星という名のごとくピカーっと輝いています。
 
 

結論

週とか曜日の概念って紀元前1世紀ごろからすでにあったそう。

星座をかたどる星たちとは違った動きをする惑星たち+月&太陽
紀元前1世紀ごろの星空ってどんなだったんだろう。

光害で空の明るさは変わったけど、瞬き方は一緒のはず。

そんな中で、太陽系という家族の中にいる星たち。
そんな星たちをコンプリートしてみるのも楽しいです。

星座とはまた違った感覚。

うららん( @uraright ) でした!

◆当ブログの更新通知用のTwitterアカウントはこちら

 - ほしぞら情報