宙ガール.com (sora-girl.com)

「おうちでソラを楽しもう!」をコンセプトにした宇宙・星空・天文情報盛りだくさんブログ

*

星空を味方にしてストレスを軽減する超お手軽技

      2014/03/13



20130709-175441.jpg

あ、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

残業して疲れた日の帰り道。
そんな時ほど、夜空を見上げて欲しいのです。

空を見上げることは、疲れた体を本当に癒し自律神経を整えます。
自律神経が整うとストレスも軽減させやすくなります。

夏の夜空。仕事帰りに空を見上げるとなぜ良いのか?
そして都会でも見えるお星さまをご紹介です。

頑張りすぎると交感神経ばっかり優位になってヤバイ

仕事帰りに夜空を見上げるのが、なぜ良いのか??
それは、自律神経を整えてくれる効果が期待できるからなのです。

自律神経はアクティブな交感神経と鎮静の副交感神経があります。
この2つのバランスが整っていることが健康な体にとって必要なこと。

交感神経をフルに使って働き、終わったら副交感神経に切り替えてゆっくり休養する。
このバランスをとることで人間は健康な状態を維持します。

でも、ストレスフルな現代社会において、交感神経が優位になりっぱなし、
うまく副交感神経に切り替えられず、体調を崩す方も多いのです。
(テレビでもよく特集してる)

交感神経が優位なままってのは、常に興奮状態みたいなイメージ。
そんなの上手く寝れるわけないし、熟睡できないのもうなずけます。

夜空が疲れた心とカラダを癒す理由

残業で疲れて帰ってきている人こそ、家に帰ったらしっかり副交感神経を優位にさせて休養をとらんといかんのです。
夜空を見上げることは、そのお手伝いができるのです。

交感神経優位の時、人の呼吸は浅くなっています。
呼吸が浅いと脳や血中の酸素濃度が減る。。。それはよくないねえ。。。

空を見るために顔を上げると軌道が開き、深い呼吸ができます。
そうすると脳や血中の酸素濃度は上がるし、副交感神経を優位にするきっかけになります。

なにより、立ち止まって空を見上げる瞬間。
気持ちに余裕が生まれる。

毎日忙しく過ごしている人には、その一瞬の気持ちの余裕を味わうことが何よりも大事。

見上げる時間を増やすために、星を探す

気持ちの余裕を味わうためには、上を向く時間を少しでも増やしておきたい。
そんなとき、ボーっと見上げるよりは、星を探す方が気持ちの癒され度が変わるかもです。
20121122-005846.jpg
(大阪 なにわ筋から見えた満月)

星座を探す必要はありません。

都会でも見ることができる明るい星には、名前がついています。
その星を探してみるのはいかがでしょうか??

夏に探したいお星さま

さて、残業の帰り道に都会でも探せるお星さまをピックアップしてみました。
見るときは街灯の光が目に入らないようにお気をつけです。目つぶしになるから。

方角はスマホに入ってるコンパスアプリで調べるのが楽です。

【西の空には 宵の明星】

20時ぐらいまで西の空に見える、すんげえ明るい星。
宵の明星・・・こと、金星さんです。

高度が低いので、高い建物が多いと微妙なのですが住宅街だったら見れると思います。

【南の空には さそり座の心臓アンタレス】

南の空にオレンジっぽい星が瞬いてたらさそり座のアンタレスです。

さそりのちょうど胸のあたりにあるので、さそり座の心臓って言われてる。
これもそんなに高度が高くないので住宅地の中だと隠れちゃうかも

一戸建ての住宅街で、2階ベランダからなら見えます。

【東の空には 織姫さま】

織姫様・・・またの名をこと座のベガと申します。
1等星より明るい0等星の星。

東の方向にかなり、天頂(真上)に近い場所にあるので見やすいと思います。
昔、篠原ともえちゃんが新宿だか渋谷だかの街中の歩道からベガを見てたのを思い出します。

それぐらい街中でも見つけやすい星です。
その近くには彦星様もいることでしょう。

【南西の空には 土星とスピカ】

南西の空には、おとめ座がいます。
おとめ座には有名なスピカという1等星があります。

そして、そのスピカの左隣りには土星がいるのです。

アンタレスより少し高いところにあるので、見つけやすいかも。
スピカは白っぽく、土星はオレンジっぽいです。

アンタレスよりは光が弱いかなー

土星が肉眼で見えることを知らない方も多く、ビックリされるのですがしっかり見えます。

【番外編 お月様と夕焼け】
スクリーンショット(2012-09-29 22.39.26)
見上げる空には制限がないので、星に限定しなくてもよいです。
それこそ、お月様や夕焼けを美しいと思うことだって同じ効果があります。
20130513-135419.jpg
私は三日月ぐらい欠けたお月様を見るのが大好きです。

結論

星を見る余裕がないわーと言う人がたくさんいます。
でも、余裕って自分で作らないとできないです。

家への帰り道で30秒の余裕もない人ってほとんどいないと思うのです。
忙しいとは、心を無くすと書きます。
心を取り戻すために空を見上げてみてください。。

その心の余裕が自律神経を整えて、疲れやストレスを癒すんだからこんなにお手軽なことはない。

そこから星見が好きになってくれたら、もっと嬉しいなんて思うわけです。
ぜひ、空を味方にして自分をいたわって下さいね。

うららん( @uraright ) でした!

 - コラム