宙ガール.com (sora-girl.com)

「おうちでソラを楽しもう!」をコンセプトにした宙ブロガーうららんのパーソナルブログ☆

*

ふんわり桜の写真と、その撮り方のこと

      2016/11/29

あ、こんにちは!宙ガールブロガー うららんです( ´ ▽ ` )ノ

春ですね。桜をたくさん撮ってきたのでのせますね。
Twitterで褒めて頂いてて嬉しい限りです。ありがとうございます。

スポンサーリンク

空の水色をバックにした桜

歌劇で有名な宝塚。
JR宝塚線には生瀬という駅があります。

駅のホームの後ろには桜の木があり、春には桜満開の駅になります。
木の高さとホームの位置が絶妙で、ホームの真後ろが桜の花がくるの!

電車内にいてても、開くドアが額縁になるぐらい絵になります。
そこで途中下車して写真撮りまくったのでアップです。

空の水色と桜の薄いピンクの組み合わせが大好きです。
アップばっかり撮っちゃう。

空の水色をバックにした桜の撮り方

これらの桜のドアップ写真は一眼レフで撮っています。

使用機種はEOS Mというミラーレス一眼レフ。
レンズは標準レンズです。

青っぽい作品の設定はコチラ

Av(絞り優先)モード
F値 5.6
ホワイトバランス 蛍光灯
露出補正 +2
ISOオート

これでこんな感じ。

青っぽくない写真の設定はコチラ

Av(絞り優先)モード
F値 5.6
ホワイトバランスオート
露出補正 +2
ISOオート

ホワイトバランスひとつで雰囲気めっちゃ変わります。

桜のアップの写真は、露出補正を明るくしてやると優しが出るみたいです。

あと、空が少し白っぽい青だったのでキレイな水色になっています。
これが、クリアな青い空だったらまた青色の感じもかわると思います。

ぜひお試しくださいませね~☆
 
 

 結論 

 
iPhoneで撮る空には気に入った作品があります。
でも、桜をiPhoneで撮った時に気に入ることはありません。

(これはiPhone5sで撮影しました)

一眼レフで撮ったとしても桜全体や桜風景を撮って納得したこともありません。

桜のアップにしてもピントで「どうしたもんか・・・」と悩みます。

でも、色んな方に褒めて頂いて、もっと頑張ろうという気になるし、桜も星も月もキレイに撮りたいという自分の中の欲が私のカメラを向けるパワーです。

桜ほどみんなが一様に写真を撮って注目する花もないと思う。
それは、華やかで・・・でも、儚げで・・・日本人のDNAに刻まれている感性を刺激する。

優しさの中の儚さがあり、でも芯の強い桜という木。
空に溶け込むように見上げたいなって思います。
 
 

うららん( @uraright ) でした!

◆当ブログの更新通知用のTwitterアカウントはこちら

◆当ブログのFacebookページはこちら

 - カメラと写真