ISSの軌跡を撮るのに大活躍で、アイソン彗星にも使える!!ビクセン:ポーラーメーターが便利すぎる件



wpid-20131008074545.jpg
あ、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

昨日は国際宇宙ステーションを見ました。そして撮りました。
撮るために便利なお道具があるんすよー!!

 

国際宇宙ステーションを愛でる週間!!(ただし台風注意)

 

昨日も記事にしましたが、今週は国際宇宙ステーション(ISS)を肉眼で見れるチャンス!!
10月7~8日18~19時ごろ!肉眼で愛でよう、三日月と惑星と国際宇宙ステーション!! | Life Goes On

Twitterのホットワードにも 「宇宙ステーション」 があって、本当にたくさんの人が空を見上げたんだなと思います。
いままで空を見上げることを意識したことない人が、リツイートでまわってくる満月やISS、流星群の情報で空を愛でる。それを共有できる・・・
トラブルも多いTwitterだけど、良い使い方もちゃんとあるよなあって実感する時でもあります。

さて、台風が接近していることもあり、関西は雲がかなり多かったですね。
金星と三日月は、雲に阻まれてみることが出来ませんでした。

星カフェSPICAのオーナーが写真をアップしてくれてた。
美しいねえ・・・そしてこれがiPhoneで撮ったっていうのがスゴイ。

 

国際宇宙ステーションを撮る便利道具!ポーラメーター!!

 

国際宇宙ステーションを撮影しました。
今回は、写真を撮りやすい軌道だったのですが、光が弱くって軌道が薄めです。

使った機材はこんな感じ。
wpid-20131008074520.jpg
一眼レフカメラ(Canon EOSkiss X50、標準レンズ)
三脚
ポーラメーター

マニュアル設定で、露光時間はBULB
F8.0、ISOオート、ホワイトバランスは蛍光灯。

トップ画像は45秒露光。
下の画像は、30秒露光。
wpid-20131008074604.jpg

ここで、便利なのがポーラメーター
ビクセンさんから出ている商品なのですが、カメラを向ける方角と高度を設定できます。

wpid-20131008074501.jpg

ISSは見え始めから終わりまでの方角と高度が事前にわかります。
ですので、その方向に事前にカメラをセッティング出来るのです。

私の場合、「あ!見えた!!」で慌てて方向を定めると失敗するので・・・
三脚を使用してたら急に微調整もやりずらいしね。

このお道具、もうすぐやってくるアイソン彗星の時にも役立ちます。
アイソン彗星の高度と方角が正確にわかる資料があれば確実にカメラを向けることが可能!

さあ!楽しみですな!アイソン彗星!!!

 

結論

今週は、ISSがほぼ毎日見れる週間なのですが、お天気が・・・
昨日は運よく見れて写真も撮れたので良かった。

でも、次の目標は写真のISSの軌跡(線)を画面の端から端まで収めること。
そのためには少し望遠にして、ガッチリ捉えないといけませんね。

がんばります!!

うららん( @uraright ) でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です