一眼レフに家族が増えました【EOS M購入】

20130210-152734.jpg

今日は少し暖かいけど、お坊ちゃんが外に出る気がないらしい・・・あ、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
お高い買い物を一気に二つしてしまいました。そのうちの1つがミラーレス一眼レフカメラ!!

一眼レフが2台になりました。

iPhoneカメラでは物足りなくなった!

 
私はカメラが大好きです。写真けっこう撮りまくります。ブログの写真もほぼ自分で撮ったもの。
ツイッターでもけっこう写真入りが多いです。

遊びに行く時とか、子供の行事、天体写真の撮影を一眼レフ、何気ないスナップをiPhoneにしていました。
でもね、、、スナップでiPhoneが物足りなくなったのですよ・・・

一眼レフで天体写真を撮るのは基本的にマニュアルモード。ということは、絞りとか露光とかカメラの設定も勉強することになります。そうするとね、普段の風景写真も表現力を求めるようになります。色味をかえてみようとか、明るめにとか暗めにとか色々と。一眼レフは見たまま以上の表現が可能になります。

iPhoneはアートフィルターで遊ぶことはできるけど、一眼レフの表現力を持たせることはできない。
さらに言うと夜の空は撮れない。

空を撮ることの多い私にはiPhoneではモノ足りなくなってきました。

EOS M を買った!カバンに忍ばせることにした!

 
iPhoneが物足りないって言いつつ、会社行くときも愛機 EOS kissX50 を持つわけにもいかず・・・

そんなことを考えてると、去年の秋に出たCanon初のミラーレス機EOS Mが気になってきたのです。天文雑誌にも特集が組まれるぐらいに出るし、カメラ女子見てると大きな一眼レフとサブ機としてミラーレスを持ってる。とっても洗脳されるかのようにEOS Mに脳内を浸食されていくわたし・・・

ダンナに話すと「買えばいいやん」のひとこと。

で、買ってしまいました。近くのカメラの◯◯では在庫切れで、近くのケー◯でゲット!!
(当初の価格よりだいぶ値切ったぜww)

赤のボディがたまらなくカワイイよね(*´∇`*)
20130210-152832.jpg
上からみたら、EOS kissX50と大きさの差ってけっこうわかるかも。こんだけ小さいなら会社のカバンにも忍ばせれる。会社帰りの月とか夕焼けとかを一眼レフで撮ることができるのが嬉しくてたまらないのです。

EOS M ファーストインプレッション

 
背面液晶の操作感がスマホちっくで、いろんな設定を変えるのはEOS kissX50よりも簡単かもしれない。

(その背面液晶にフィルム貼ったけど中にたらふくホコリが入ってツライ)

ネットレビューで書いてたようにオートフォーカスが少し遅いのは感じた。でも、風景とかモノを撮るのでそこはあまり気にしないかな。同じEOSシリーズだから操作も同じなので違和感そんなにないし撮るのが楽しくなりそう。アートフィルターも数種類はいってるからことだし。ツイッターにすぐ上げれないのが難点だけど、ブログトップに使える画像がたくさん撮れるといいなあ〜

20130210-152802.jpg
同じ空も設定変えるとこんだけ違う。
20130210-152817.jpg

結論

 
小さいミラーレスを買ったからといってEOS kissX50がお蔵入りにはなりません。
望遠が必要でかつ動きのある子供の行事や星空写真はやっぱりEOS kissX50の方がメリットが大きい。

天体写真、行事の写真はEOS kissX50
普段のスナップや空写真はEOS M

使い分けてカメラと使い倒したいと思います。

うららん( @uraright ) でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です