宙ガール.com (sora-girl.com)

「おうちでソラを楽しもう!」をコンセプトにした宙ブロガーうららんのパーソナルブログ☆

*

【予算別】子供に選んであげたい天体望遠鏡 5選

   

あ、こんにちは
宙ブロガーのうららんですヾ(*´∀`*)ノ

子供に「天体望遠鏡が欲しい!」と言われたことありませんか?
でも何を買えばよいのかさっぱり・・・

私のところにも毎年クリスマス前になると相談がきます。
なので予算別(Amazon調べ)オススメ機種をピックアップしました。

星のソムリエさんや天文ファンなどの詳しい方にヒアリングした上で選びました。
今回紹介する機種は、月・土星の輪・木星の縞を見ることができます。

ではGo!─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

スポンサーリンク

予算5万円:Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mf

おそらく一番人気の売れ筋商品じゃないかと思います。
Twitterでもこの機種が欲しいっていうつぶやきをよく見かける。

天体望遠鏡入門機の超絶スタンダードです。
ただ重量が10キロ近くあるので子供が扱うには重いかもしれません。

ただガチハマりしそうな子供には、コレより下の望遠鏡だと物足りなさが出てくるかもしれません。

予算3万円:Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ A70Lf

ポルタを一回りコンパクトにした感じ。
だから重さも5キロちょっととポルタより軽量です。

腰をすえて天体観測するならば三脚っぽい部分(経緯台っていいます)の安定感は必須。安定感は重さを生むのね。

でも女性や子供の初心者が使うときには「軽いこと」って重要。
持ち運びが重かったらそれだけでヤル気なくなっちゃうもんね。

予算2万円:スコープテック ラプトル50天体望遠鏡セット

色んな天文ファンの方からの評価が高い機種。
お月様はもちろん、土星の輪・木星の縞模様もみえるそう。

JAXA、日本天文学会等で構成される「世界天文年日本委員会」より、世界天文年セレクションを受賞で日本製っていうところが親のココロをくすぐるのですw

予算1万5千円:Vixen 天体望遠鏡 スペースアイ600

某知恵袋などにいくとdisられることも多い機種ですが、ご近所の子供がしっかりと使いこなしているのでオススメに登場させました。

この機種を使っている子は、月・土星・木星を見ることはもちろん、おかーちゃんのスマホやデジカメを使って月撮影もやっていました。動画モードにして土星も撮ってた。

たしかにポルタ・ミニポルタよりも経緯台がちゃっちい(ごめんなさい)ので、星の位置を微調整するのがポルタより少しやりづらい。
ただ、月や土星を見ることに対しての大きな障壁ではない感じ。

予算5千円:コルキット スピカ 天体望遠鏡工作キット

 
どーせすぐにタンスの肥やしになるのに高い買い物はちょっと・・・っていう人にはコチラ

工作キットですが、侮るなかれ!!

星空案内人の授業でも使用され、色んなマニアの方がカスタマイズしています。
頑張れば土星の輪も見えるし、コスパ最高!
これを使い倒してから、上位機種を買うというステップもアリです。

ただクリスマスインパクトには欠けるのが難点w

あと、必ず三脚が必須になります。
カメラの三脚で良いのですが、なければ一緒に購入して下さい。

 

まとめ

天体望遠鏡は精密機械。
ちゃんとしたものは相応のお値段がします。
精密機械だけど大事に扱えば20~30年余裕で使えます。

天体望遠鏡をのぞいたワクワクから色んな可能性を切り開いた人たちがたくさんいます。

自分の子供に合った機種をお選びくださいませ~

うららん(@uraright ) でした!

◆当ブログのTwitter(@uraright_blog)

◆当ブログのFacebookページ(いいねお願いします)


※「宙ガール」は株式会社ビクセンの登録商標です。
※本サイトは個人ブログであり株式会社ビクセンとは関係ありません。
 (とはいえ、うららんはビクセン推しです)

 - 天体望遠鏡